デスクトップアーケードコレクション Vol.3 ポップンミュージック レビュー

dac3-pop,n01





〜パッケージ〜

dac3-pop,n02 dac3-pop,n03
dac3-pop,n04 dac3-pop,n05
発売元:コナミ 定価:アミューズメント専用景品のため測定不能
アーケードゲーム機をそのまま1/12サイズにして飾っちゃおう!的なものです。(略称DAC)
今回で第三弾となるDACですが今回はポップンミュージックが手のひらサイズになりました。



〜素体〜

dac3-pop,n06 dac3-pop,n07
シール等を一切貼らずに組み立てた状態。これに各種シール等でお化粧してあげると…



dac3-pop,n08 dac3-pop,n09
こうなります。左が16パーティで右が17ザ・ムービーで全二種類となっています。それにしても派手だな〜(笑)



〜三面図&各部アップ〜

dac3-pop,n10

dac3-pop,n11 dac3-pop,n12
三面図。裏側もしっかり再現されてるみたいです。各所にある警告シールがより一層リアリティを引き出してる感じがします。

dac3-pop,n13
二種を並べたところ。こうして見ると16の方がド派手ですね。

dac3-pop,n14 dac3-pop,n15
ボタンはメタリック+クリアパーツで再現。画面周りのポップは付属の両面テープで固定します。

dac3-pop,n16 dac3-pop,n17
パネル裏にも警告表示があったんですね…。足裏のキャスターも再現されてます。当然コロガシ走行はできません(笑)

dac3-pop,n18 dac3-pop,n19

dac3-pop,n20 dac3-pop,n21

dac3-pop,n22 dac3-pop,n23
各ポップのアップ。追加曲から懐かしさが漂ってる…。

dac3-pop,n24
画面はタイトルとプレイ時の二種類付属。ディスプレイの枠にはさんで固定します。

dac3-pop,n25 dac3-pop,n26
dac3-pop,n27 dac3-pop,n28
プレイ画面に交換したところ。どうでもいいですが私は5個はできますが9個はできません(泣)

dac3-pop,n29 dac3-pop,n30
第一弾の二寺と第二弾のQMAと。左が新しい方で右が旧型です。これだけ取るのにいくら使ったかは内緒です。




〜セット内容(イマジンは別売りです)&サイズ比較〜

dac3-pop,n31 dac3-pop,n32
今回も本体の他にスタンド式のポップと同スケールに縮小されたポスターが付属。どっちもすっごい派手です。
スケール的にフィギュアーツはピッタリでした、というか大体のフィギュアに合いそう…。



〜イマジンコラボ〜

dac3-pop,n33
「おっ、新しいゲームか?!」
「そうだよ〜。色分けされてるからモモタロスでもできるんじゃない?」
「ば、馬鹿にすんな!色とかどうでもいいし!!」
「(あ〜あ、ムキになっちゃって…。)てかリュウタ画面見てないのにコンボが途切れてない…だと?」
dac3-pop,n34
「ともかくやってみようぜ!」
「あ、先輩!クライマックスジャンプあるよ。」
「ZZZ…」

dac3-pop,n35
「へぇ、意外とやるねぇ。」
「へっ!こんなもん俺にかかれば楽勝だ!」

dac3-pop,n36
「………。」
「ZZZZZZ…」

dac3-pop,n37
「あっ!!しまった、…やべぇぞ、間に合わねぇ〜!!!」
「アッハッハッハッ!!モモタロスの下手くそ〜!」
「先輩…キンちゃんを気にした時点で負けだったんだよ…。」
「ZZZ…グゴー…。」
「んなこと言ったって、何でこの状況で寝れるんだよ?!」
「やーいやーい、モモタロスの下手くそ〜www」
「いや、画面見なくてもフルコンできるリュウタのほうがおかしいから(汗)」



〜あとがき〜

以上、DACvol.3 ポップンミュージックでした!
今回で一旦終了となるDACですがやっぱり二寺以上のボリュームはありませんでした。でも細かいとこまで丁寧に作ってあったり
何よりこのくらいのサイズでアーケード稼体が手に入るのはこういうのが好きな人にはたまりません。
基本的にはUFOキャッチャー等の景品でしか手に入らないので欲しい方はゲーセンで頑張ってみてください。



TOPへ戻る


inserted by FC2 system